丹後・観光ナビ トップページ
丹後半島 観光マップ
丹後・観光 ナビ
丹後探検隊
丹後の日帰り温泉
北近畿の日帰り温泉
丹後の旬
丹後のジギング船・遊漁船
丹後で釣れる魚図鑑
丹後の野の花





周辺観光スポット
 


経ヶ岬灯台
経ヶ岬灯台



丹後半島 かまや海岸
カマヤ海岸



伊根の舟屋
伊根の舟屋


     丹後大仏
丹後3市2町公式サイト
● 宮津市
 宮津・観光協会
● 京丹後市
 京丹後・観光協会
● 与謝野町
 与謝・観光協会
● 伊根町
 伊根・観光協会
● 舞鶴市
 舞鶴・観光協会
丹後の自然ブログ



近くのお奨めお宿


奥伊根温泉 油屋
油屋



宇川温泉 よし野の里
宇川温泉


丹後大仏


丹後大仏丹後大仏

明治33年ここ筒川の地に建設された筒川製糸工場は、順調な発展を遂げ、農村経済の発展に著しく貢献していたが、明治42年工場を焼失し莫大な損失を蒙りました。しかし、役職員一同一致団結して工場復興計画に協力し工場を復興させました。大正7年10月、工場長品川萬右衛門は従業員の慰労のため、全員を引率して東京見物の途に着いたのですが、折り悪く悪性の流行性感冒に見舞われ、帰郷後42名の死者を出すに至ったりました。工場長品川萬右衛門は、殉職者の慰霊のため、ここに青銅の露天大仏を建立したのですが、太平洋戦争中鉄類の供出にあい、昭和20年現在の石仏の大仏を再建し今日に至っています。
 丈六尺五寸 巾五尺八寸 奥行四尺爾後、毎年4月8日 花祭りを行い殉職者の宴福を祈り居ります。

 丹後大仏建立の、100年前のパンデミックとは、世界で5億人が感染し、少なくとも5千万人の死者がでたとされるスペイン風邪のことです。 奇しくも現在は新型コロナウイルスのパンデミックで世界が揺れていますが、幸いにも過去の教訓を生かして、渡航制限や都市のロックダウンの措置がとられたため、日本では比較的新型コロナウイルスによる犠牲者は抑えられています。

    




丹後半島 観光マップ




丹後探検隊 探索記
徐福伝説
丹後の徐福伝説
浦島伝説
浦島太郎伝説
延年祭
延年祭
丹後七姫
丹後・七姫伝説


丹後の日帰り温泉
智恵の湯
智恵の湯
小町温泉
小町温泉
宇川温泉
宇川温泉
あしぎぬ温泉
あしぎぬ温泉